2019
10.02

イメージも大事。

こんにちは!若杉です。

今朝は曇り空、まだまだ暑いらしいですね。。。

衣替えの季節なのにこの気温って。

日本もそろそろ衣替えを11月位にしないと学生さん達が可哀想ですよね。

5月のゴールデンウィーク中には30度を超えてくるので4月の中盤には衣替えにしてあげないと。

学校に着いたら汗だくですよ。途端に帰りたくなりますよね。

10月いっぱいは高めの気温が続くらしいので、僕はまだTシャツ短パンで良いかなって思っています。

 

昔からお仕事の依頼があってもTシャツ短パンで出向くので、先生はこの後にお見えになるんですか?とかよく聞かれてました。

霊媒師さんには見えませんよね。恰好的に。

先日も宣材写真を撮って来たって先生と写真を見ながら、占い師っぽいねって話してて。

多少雰囲気やイメージも大事なんだなぁって思いました。

霊視って聞くと、ちょっと和っぽい恰好がイメージですよね。でも着物は暑いんですよ。

一時期は作務衣とか着ていたんですが、あれはあれで暑いんですよね。

 

でもそろそろ宣材写真を撮り直さないと、結構前の写真なので。。。

丁度いま体重を落としてる所なので、後6キロ痩せたら撮りに行こうと思います。

今の宣材写真が作務衣とグレーのジャケットを着たおっさん評論家みたいな写真なので、一新したいですね。

6年位前の写真とか、お客さんに詐欺じゃんって言われてたしね。あの写真凄まじい修正を行っていたからなぁ。

頭蓋の形からいじってたしね、肌の色やらシミやらシワやら全部修正してたしね。

だから、先生一覧をお客さんに見せてても自分だって気付かれないんですよ!意味無ぇ~。。。

でもそのままは凹むんですよね。

プロのカメラマンさんに撮ってもらってこれって。。。素材が悪くてすみませんって。(泣

何枚も撮ってもらって結局選定されたのがこれかぁっとか。。。この写真修正しますとか言われると。

本当にお手間取らせてすみませんって。。。卑屈になります。

マジで自分の容姿の悪さを突き付けられるようで凹みますね~。

しかもポーズを指示されてる時に、何故か笑っちゃうんです。何やってんだ自分って思えて。

緊張感が無いって言うか、ああいう大事な真剣な場面になるとより笑っちゃうんです。

昔大勢のヒーラーさんたちの前で講演をした時も壇上についていきなりプッて吹き出しましたからね。

きっと蛭子さん病ですね。

撮りに行かなきゃって思うけど、腰が重い案件です。

 

本当は、口からトランプ出すマジシャンいたじゃないですか、あの人みたいにタロットを口から出してる写真とか撮りたいです。

きっと却下だなぁ。

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

Mori Labolasu

若杉守人。

霊媒師、占い師。
幼少期から霊的な者との繋がりを感じ、17歳頃から依頼を受けてお祓い等を始める。

今年この道31年。
現在は、20名以上の占い師を抱える LaboLasu(新栄の占いバー)・LaboLasu cafe(尾張旭市の占いカフェ)を経営。
テレビ、ラジオ、雑誌にも多数出演。コラム上では所属占い師による占いも掲載します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。