2019
08.28

初めまして高橋有佐妃です

ピンクが好きすぎるファッションプロデューサー高橋有佐妃です。

お客様から一番相談が多いのが

「もう◯◯歳なので、ミニスカートは痛いですよね?」

「アラフォーにはピンクはキツイですよねー?」

と言う、年齢に対するお洋服のブロックについてです。

私は毎回同じことを言います。

「着たければ着れば良いし、痛いと思うなら着ない方が精神衛生的に良いです!」

確かにアパレル業界的に考えるなら

若い子のブランドはパターンが違うから、そりゃあ似合わなくて当たり前なのです!(パターンと言うのは、お洋服の型紙の事)

ヤングにはヤング用の、ミセスにはミセス用のパターン(型紙)がそれぞれあって

ウエスト位置、アームホール(腕の周り)、もちろんウエストサイズも違います。

若干体型が違う人の服を着る事になるので
少々似合わないのは、それはそれで当たり前だと思うのです。

ただ、「ミニスカートが私のポリシー」だったり

「ピンクを着ないと生きていけない」そんな人は

どんどん着た方が良いのです!

好きな服を着るから自分のテンションも上がるし、

何よりそれを見た人に「あの人が着れるなら、私にも着れるかも?」と新しい扉を開けるチャンスを与えます。

痛々しい!と言う人もいるかもしれません。(言うならまだ良いか。ヒソヒソ言う人もいるかもしれませんね。)

でもね、そこは堂々と

「私は人に夢を与えているのよ!」

と堂々と言ってみてほしいのです。

人への影響は目には見えません。

でも。後になって

「あの時のあの出来事が私を変えた」と言われることもあるかもしれません。

人生いつ終わるかわからないから、悩んでいる時間はありません。

迷った時は楽しい方を選択していけば、後で後悔することもないのです。

今年はミントブルーやシャーベットピンクが流行りそう。

なるべく大きい面積のお洋服に、流行りのカラーを取り入れて
(例えばワンピースやロングパンツみたいに)
自分の限界をばーーんと超えていきましょう!

超えた先には楽しい事がきっと待っているはずですよ。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

高橋 有佐妃

学生時代、TVレポーター&CM出演&司会の仕事をこなし今の基盤を作る。

大学卒業後すぐに、レディースアパレル店舗をプロデュースをはじめ3年で当時、まだあまり期待されていなかった大規模SCに初出店。と同時にピンクが好きな女の子のための お洋服ブランド PinkLove を立ち上げる。イオン出店を機にピークラブコーポレーション 設立その後も順調に出店を続ける。

ファッションコラムニスト。ファッショントレンドセ ミナー講師、名古屋嬢研究家。

【BLOG】
https://ameblo.jp/iloveparty/

【活動】
● 毎日新聞社毎日キレイナビにてファッションコラム連載中。
http://kirei.mainichi.jp/practice/takahashi/archive/
● 「百五銀行」季刊誌コラムニスト
● サイバーエージェント アメーバ GG 読者モデル
● パーソナルスタイリストインジャパン協会 評議委員、中京支部長
● 大丸松坂屋接客セミナー判定員
● 日本経済新聞社 なでしこ栄塾講師
● au 名古屋 女子力アップセミナー講師
● モデル検定 イメージアップセミナー講師
● 学校法人足立学園名古屋スクールオブビジネスファッションビジネス科非常勤講師
● 第 7 回ミセス日本グランプリファイナリスト
● ミセス日本グランプリカラー、スタイリング公認講師?

【メディア実績】
● テレビ朝日 ぷっすま
● フジテレビ はなまるマーケット
● NHK ラジオ なごやか喫茶
● TBS タッチ×ニッポン

光文社JJ、美STORY、STORY、Mart読者モデル
幻冬舎GINGER読者モデル
ハースト婦人画報社25ans 読者モデル

【雑誌スタイリング実績】
JJ、STORY、美STORY、東海ウォーカー、美人百花

【講演内容】
企業向け
● お客様別好感度アップセミナー
● 売上を作る接客力アップセミナー
● 接客マナー基礎
● セールスウーマン接客セミナー

女性向け、ママ向け、婚活向け
● 人に好かれる!好感度アップセミナー
● ママのファッションビフォー&アフター
● グレー系の女?ベージュ系の女?カンタンカラーセミナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。