2019
07.19

GEEKな出来事!パリ・コレクション・クチュールに参加してしまいました…

パリコレファッションウィーク!

ラストはクチュール!

クチュールとはオートクチュールの事です。

 

実は僕も知りませんでした…

ファッションウィークには「プレタポルテ」「オートクチュール」がある事は知ってましたが

オートクチュールを「クチュール」と呼ぶとは!!

シャレとるし

 

物語は6月15日のMONACOファッションショーにさかのぼります

 

この日ゲストで参加してた

オーラ出まくりのレディが居ました

うん

 

ってか、この写真…

みんなオーラ出まくりやげ…

 

写真真ん中のパツキンのこの方

Angela Donavaさん

 

めちゃ綺麗過ぎて声掛けれずいた方だったんだが!!

 

だが!

 

だがっ

 

インスタを通じてメッセージ送って来てくれた!

 

それだけでも感激なのに

「私のマガジンに掲載したい」

「パリコレクチュールに行くから着たい」

と言って下さった。

 

ビビる俺

 

そして6月の30日

Ritz Parisに呼ばれKimonoを持って行く…

パリ・ヴァンドーム広場

ココには待ち合わせ等で来た事あるけどRitzなんて入ったコトないし…

 

入ると映画の世界

乙女が好きそうな世界ね…

しかもクチュール中でRitz内でもイベントしてるらしく

セレブリティー系の方々、報道系もけっこう居た

 

そして

Angelaの登場!

ご指名頂いたKimonoをお渡しし

インビ持ってない僕はこれ以上中には入れないのでサヨナラ…

 

そして数日後!

Angelaがインスタに載せてくれた!

 

こんな写真や

こんな写真も送ってくれた!

 

Angelaほどの人が着てくれるなら

それに合う作品も作って行きたかったな

 

でも素晴らしい体験!

パリコレクチュールのゲストが作品を纏って会場に居てくれた事!

正しく奇跡や

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。