2019
07.08

TFEA in PARIS 無事終了しました。

”TFEA”ことTHE FAR EAST ARTS in PARIS

6月28日より7月3日まで

 

そしてこの時パリを襲ったのは…

猛暑でした…汗汗汗

 

結果として

Hiro.Mさんのパーカー

荻山 将也 (masaya ogiyama)さんの「The light of Koenji」

僕の「No one knows him」

以上3点が巣立って行きました!!

 

最終日、撤収前にタレントのほのちゃんが来てくれました

変なオジサンの絵を持って来たと思ったら…

僕の顔でしたw

ほのちゃんありがとねー!

 

また東京で会いましょー!!

 

今回TFEAのアートディレクターという大役を果たせたのか?

自問自答以前に反省点が沢山あります…

なんでも日々勉強ですね!

また次回のTFEAも関わらせて頂きたいです!

 

そして僕からの誘いを快くOK下さったmaaya wakasugiさんにも

心からありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。