2018
07.31

Parisで出会った不思議なオーラを纏う画家Anncoちゃん。GEEKな奴等!宜しく!

またまたギークな奴等の紹介です!夜露死苦!宜しく!

Parisで出会った不思議なオーラを纏う画家Anncoちゃん

 

 

Anncoちゃんとは、僕が初めてParisに行った2012年12月に

 

パリ中心の59Rivoliという若手アーティスト達が集まる有名なアトリエで知り合いました

 

 

Anncoちゃんはパリと東京を行き来してるので、よく会う

ってか呑むw

 

Anncoちゃんって漫画に出て来る不思議なキャラクターの子みたいで可愛い

 

だし、誰とでもスグ仲良くなれる特性をもってる人です。

 

僕はまだ行った事が無いが、確か…

夢の街とかいう住所で

「スナックAnnco」

という居酒屋系スナックを経営してるらしい

 

 

画家としてのAnncoちゃんの作品は面白い

 

訳分からん迷路みたいなのをずーっと描いてる

ボンドで描いたりもするし

色々影響もらってます

本人に失礼かもだけど、僕のタッチと通づる何かを感じる

とにかく彼女は感性が鋭い!

 

リスペクト!!

 

僕は最近海外あんまり行かないが、彼女はズーっと東京パリ(パリ以外にもユーロ内をいくつも)で活躍してる

そんなAnncoちゃんがどんなギークな記事を書いてくれるか、僕も楽しみです

※「スナックAnnco」はスナックでは無く、自作のメニューを可愛く写真撮ってただけだった

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。