2019
02.10

国立小学校で…未来をそうぞうする、KIJIN先生!!

百年家具KIJINの石川玄哉です!

 

先日、国立小学校にお呼びいただき、
2日間に渡り『先生』やってきました!!

 

国の指定校として、2030年に国語・理科・社会科などの指導科目の新たな一つ、

「未来そうぞう科」という教科を研究実践している、

大阪教育大学付属平野小学校様よりお声がけ頂きまして、

 

「未来そうぞう科」のゲストティーチャーとして、

子ども達が自分の過去・現在・未来に対して肯定的な意味を見出すことができるよう、

新しいことに挑戦する体験をしている姿を見せて欲しい!ということで、

 

5年生を対象に、KIJINのこと・木のこと・脱サラしてKIJINを設立した経緯などなど、

お話をさせて頂きました!!

 

事前にお話を伺っていると、、
今の小学生には、様々な理由で「自分には出来ない」と最初から諦めてしまって

挑戦をしない子どもが増えているとのことで、、

 

「30歳前に、脱サラして7つのゼロから始めた馬鹿な大人がいる!!」

ということを、
現実的な面も含めてありのままにお話してきました^_^

しれっと、木の経年変化の説明も入れまして…(笑)

 

子どもたちは真剣な眼差しで話を聞いてくれて、

いろんな質問も出て、非常に有意義な2日間となりました!!

 

自分の心の声を素直に聴き、挑戦する子どもが一人でも増える

きっかけになれていたら嬉しいです(^^)

 

このお話のきっかけを頂いた、
オーダーメイドのデスクやカップ、名刺入れを創らせていただいているKIJINのお客様でもあり、
平野小学校の教諭の岩崎先生に感謝です!!

 

「未来そうぞう科」が2030年から、全国小学校の科目になり、

たくさんの子ども達の未来を輝かせるきっかけになってくれるよう、楽しみにしています!!!!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

石川 玄哉

1985年11月29日 横浜生まれ
家具・空間プロデューサー、株式会社KIJIN代表取締役

2008年に明治大学を卒業後、専門商社株式会社山善に入社。
量産家具の商品企画部門に従事。働く中で、耐用年数の短い量産家具の限界を感じ、
2012年末に脱サラ。

2013年に知識・経験・人脈ゼロの状態から、オーダーメイド家具屋をすべく独立。
永く人と共に生きれる木材に特化したオーダーメイド家具屋「百年家具KIJIN」を設立。
オーダーメイド家具と空間づくり、木のネクタイ、蝶ネクタイ、タンブラー等のオリジナル木製アイテムの開発を行う。

日本の伝統技術である木工技術を用いた職人づくりの品のプロデュースを行う中で、
和のものづくりの心の大切さに目覚める。

現在は「日本文化の再構築と文化継承」をテーマに、創建1300年の江戸総鎮守 神田明神、江戸創業の老舗茶問屋、明治元年創業の酒蔵、などとのアイテム開発、家具・空間プロデュースでのコラボレーションも行っている。

今後はさらに、英語で「JAPAN」と呼ばれる日本の伝統工芸の最たる技術「漆塗り」の技術も活かし、色々と仕掛けていく予定。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。