2019
01.13

ゴルフウェアRUSSELUNOのイベント「14STRINGS」にDAC として参加!

〜2017年秋の物語〜

 

ゴルフウェアの概念を180°変える

RUSSELUNO

http://russeluno.jp/

 

が、相変わらずブっ飛んだイベントやりましたw

 

日本のゴルフシーンの垣根を越える!

14STRINGS
ゴルフ×ストリートミュージック×アート の融合

 

は!?

ゴルフとストリートミュージックとアートの融合!?

 

んで何するかって言うと

ゴルフ場でDJやアーティスト呼んでフェスして

アーティストにライブペイントさせて

新作のファッションショーまでする… 

 

ゴルフとか関係ねーやんかw

 

こんなブっ飛んだイベントに「DAC」として参加する事になりました

 

以下引用

2014.9.14 津カントリー様で日本初となるゴルフコンペと音楽フェスを同日、同会場で開催させて頂きました。
今までゴルフ場で見る景色とは違った新しい景色、音色、最高でした。
あれから3年、やっとvol.2を開催する事が決定しました。
既にニュース等で沢山とりあげて頂いております。
今回もよろしくお願いします。

 

 

でもね

この「ブっ飛んでる」ってのも曖昧ですな

 

そもそもさ

日本に外来文化が入ってくると

なんか変な風に入って来てません?

 

MLM(マルチレベルマーケティング)も「ねずみ講」って言うし

 

フランス料理のライスを食べるフォークとナイフの使い方

そもそもフランス人はパン喰うし!

 

で、ゴルフも日本では変な常識があって

紳士のスポーツだらかポロシャツ(襟付きシャツ)着用とか

クラブハウスではジャケット着用て…

 

おいおい

世界のどこでそんな堅っ苦しいコトしとんのよ

 

BARでテキーラとか呑むショットグラスあるでしょ

あれってそもそもゴルフの最初のショット(ドライバー等)を打つ前にパーティー(2~4人のチーム)で乾杯して呑んで、それからショットしていた

らしいしさ

海外のゴルフ場ってもっとラフやし…

 

そんなコトを考え出し「日本のゴルフモラルは異常だ!」

この無駄であり解釈の間違えたルールに風穴を開けるべくイベントを反逆的にゴルフ場でフェスしてるみたいw

 

以前には石野卓球とかも出てたって

 

素敵すぎやんか

 

んでこのイベントが結構有名だったらしく

ヤフーニュースを始め20以上のメディアに出てた

 

これが「けみ芥見」としてのヤフーニュースデビューでした

「DAC様、ありがとうございます。」

 

そんなこんなでクラブハウスに設営

このブランドとも付合い長いし

お客さんも知合い多いから

「お前!でれー良い事しとるげ!」

等と驚かれていましたww

 

でもね…

クラブハウスって、ラウンド終わった人がシャワー浴びて着替える時に通るだけなんよね

フェス自体はコースでやってる訳で…

 

という事で僕もコースに行くと

レペゼン岐阜のレゲエシンガーMEGAHORN君のステージ

https://www.megahorn.jp/

 

彼を誘ったのが僕って事もあり終わってからパシャリ!

 

名古屋メシ・三重メシ・大阪メシのブースもありで

お客さんそっちに流れてまっとるやんか…

 

もあったりで

色んなカルチャーがひしめき合ってた

 

ラッセルノは元来、ゴルフウェアに見えないくらいお洒落なウェアを出してるんだけど

お客さんもそういった感じなんだと思いきや

 

ゴルフ×フェス

という斬新過ぎる提案には

まだ付いて来れない感あったよね…

 

ラッセルノの挑戦はまだまだ続くのであった

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。