2018
12.29

SAPPORO COLLECTION にKIMONOブランドAKITSUが参加!

SAPPORO COLLECTION 2017

KIMONOブランドAKITSUとして

サツコレことSAPPORO COLLECTION 2017 に参加させて頂きました

 

今回選んだ着物は「COCO」

その名の通りココシャネルのパクリKIMONO

ツイード生地にレースを付けたKIMONO

一見普通だが、裾には金のチェーンを走らせてある

見えないお洒落というか

シャネル的にはスーツが風で揺れるのが嫌だったらしい

 

襦袢襟をレースにし

レースの手袋、黒ヒールとシックに決めました

 

 

実は…

アタシ…

女性の着付けが出来なかったので

カリスマスタイリスト


マダム晴美にご指導頂き着付けを覚えて本番に向かった

 

サツコレ当日

動員数10,000人!

 

会場も熱気に包まれ、その貴重は控え室まで

札幌出身のスーパーモデルTAIKI君の生ランウェイを見れてややミーハー気味だったw

 

控え室に戻り着付け完成!

モデルHARENちゃん

背デカいねー

「可愛さは欲しく無いの。カッコ良く、生意気な感じで歩いてね」

 

この我々のステージ、珍しかったのが「カネマツ」という輸入建材屋さん主催の着物ブランドのステージした

カネマツ松本社長もランウェイを歩く事にw

 ※松本社長の着物はAKITSUではありません

 

そしてステージが始まり…

最初にAKITSUのロゴがドーン!

これは嬉しかったなーw

 

そしてHARENちゃんが歩く

 ※隣のデニム着物はAKITSUではありません

 

お願い通りにHARENちゃん

カッコ良く、生意気な感じで歩いてくれましたw

 

たった数十秒の出来事だったけど

なんだか「ジーン」って感じました

 

HARENちゃん、ありがとね

 

一着のみの参加でしたが、国内初イベントだった事もあり緊張した2017年4月末の出来事でした

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。