2018
12.28

Liberty Walk さんと共に Geneva Motor Show に参加させて頂きました

ついに来ました!
 
GENEVA!
 
「Liberty Walk」
リバティーウォークの挑戦!
 

念願のGeneva Motor Show 2017 ジュネーブモーターショーです!

サロン・アンテルナショナル・ド・ロト

 

まずは街でPV撮影開始!

のまま

会場へ行き設営

 

レッドカーペット!流石ですな

 

ランボルギーニ、フェラーリ、マセラッティ、ロールスロイス、マクラーレン…

そうそうたる面々の中に!


「リバティーウォーク」

サイコーでしたw

 

 

そして始まったジュネーブモーターショー

世界トップクラスの自動車メーカーの祭典

ファッションでいうところのパリコレみたいな感じで

各ブランド、パリコレは赤字でも出展するらしく、本当にそんな感じのブースが多く、巨大ブースに二階建ての建物作ったりと数億かかってるメーカーも居ました

それにしても流石ジュネーブね

お洒落な方達が多いわw

 

そんな中に

我らがリバティーウォークブース

 

KIMONOレディー達も人気だが、ジュネーブモーターショーともなるとカメラ小僧は居なく

会場にボディコンモデルも居ない…

居るモデル達は皆スーツ姿でインテリな感じ

これには渉社長も「何事も勉強やな…」と

 

 

ブースインタビューでも着付けとして渉社長を羽織袴姿に仕上げ

ニッポンのカスタム文化は永遠なり!

 

それにしても「Liberty Walk」と「加藤渉社長」の人気にはビックリしました
本当に「Mr. Kato, photo OK?」って皆撮りに来る

 

そしてGEEKな出来事が!

カスタムしてメディアにバンバン出てるリバティーさんを良く思ってない大手メーカーは多数あるみたいで

 

ランボルギーニもその一つでした…

が!

リバティーウォークのブースを観に来て感動!

そのまま渉社長と名刺交換する

 

今では渉社長、ランボルギーニ本社に行き打合わせする程の付合いになっております。

これぞ本物のチカラ!

怒られっぱなし、言われっぱなしの五十年

 渉世間は〜 自由ばかり!!

 

渉社長!

これからも突っ走って下さい!!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。