2018
12.12

一年一度!パリ中がクラブやライブハウスになる素敵な日!Fête de la Musique”パリ音楽祭” Ko Kimuraさん・Shinichi Osawaさん・田中知之(FPM)さん

KIMONOブランドAKITSUのシューティングを終えパリに戻る…

僕のパリ生活は

お世話になる枝さんのお店

Guilo Guilo PARIS

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187147-d1050722-Reviews-GUILO_GUILO-Paris_Ile_de_France.html

に顔を出しスタート

(この写真は本店、京都五条の”枝魯枝魯ひとしな”さんで撮った物です)

 

枝魯枝魯グループは

http://www.guiloguilo.com

・京都五條本店

・東京神楽坂

・GuiloGuilo  PARIS

・HawaiiにはNanzan Giro Giro

と四つあり、全店舗回るには飛行機に乗らねば制覇出来ないという仕組みです

 

そそ

この時(2016年6月)は夏至の日

6月21日のパリ音楽祭

Fête de la Musique

 

の前々日でした

 

Fête de la Musique(フェット・ドゥ・ラ・ミュージック

1982年、フランスで始まった「音楽祭(Fête de la musique)」

1年で1番短い夜を楽しむフェスティバル

という物で「この日は誰でもアーティスト!」ってな日です

街中のお店がLIVE会場になったり

DJがサウンドシステム出してクラブになったりするという

かなり狂った陽気なお祭り!

 

そしてこの日!

GuiloGuiloではEDMDJ日本代表がそろう夢の日なのです!!

Shinichi Osawaさん・Ko Kimuraさん・田中知之(FPM)さん

いつもはここにTei Towaさんも居るという正しく夢の日なのです

 

実はこの時を狙って

Teiのケミポレを準備して居たんですが…

※敢えて随分昔の写真から描きました

 

当のTeiさんは、と言うと

METAFIVEで忙しくて来れなかったらしく…

 

そーゆー話よね

 

ってかMETAFIVE

こちらも夢のバンドよね

 

Fête de la Musique GuiloGuiloは

DJ EDA(枝さんもDJなのです)から始まり

枝さんの奥からカメラ目線くれてる木村コウさんにバトンタッチ…

 

街を回っても

「人が湧いて来る」とはこの事ですな

モンマルトルでこれだからパリ中心地あたりはヤバそうよね

 

そして!

待ってました

大沢さん登場!!

 

とまあ、僕が好きな感じでスペシャル素敵な1日を過ごしましたとさ

 

Fête de la Musique

今では世界に広がり東京でもチラホラ聞きますね

2017年の開催国は120を超えたらしいですぜ

 

最後に
16,441,662 回視聴!いいね24万!の大沢さんの「ラビリンス」をどうぞ

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。