2018
12.03

溶接を覚える為、株式会社ワールド「テクニカル道場」にて修行

そろそろ立体造形物が作りたいと思い、親友に相談

彼の会社の道場で生徒になり学ばせてもらう事になりました。

株式会社ワールド
https://world-works.co.jp

 

人材派遣業のこの会社に「テクニカル道場」

https://world-works.co.jp/training/

どいう男臭いスペース

 

いや、勉強&実践を積む場

があります。

 

経営者、清水貴士は

スタッフの給料をUPする為に

「彼等の能力を磨こう」と思っている熱い漢なんです

フリーター・ニート脱出計画!

こんなあなたにこそ、おすすめしたい。

ワールドは、フリーター・ニートの就職を応援します!

 

実に誠実だ…

 

清水は友人内の中でぶっちぎって頑固で誠実、いわるゆ”まっすぐな漢”

私達は仕事を通じ、社会的責任、人道的責任を果たすことを使命とし、全人類に貢献します。

 

硬い…

 

愛すべき堅物野郎なんですよ清水は

 

そして修行の始まり…

大垣工場・テクニカル道場は岐阜県大垣市青柳町4丁目16-2に位置し

最寄り駅「東大垣駅」で止まる電車は

1時間半に一本

という素敵なダイヤw

駅の佇まいレベルも相当な高さでしょ

 

作業着に着替えて道場に入る

 

修行などと言っていますが

今回僕が習うのは”溶接”です

 

そう

こういうヤツね

 

この溶接を覚えて立体造形物を作っちゃおう!ってな感じであります!

松井工場長(道場長)宜しくお願いします!

一見悪人(右の写真のおヒゲさん)ですがお茶目な工場長でした

 

 

工場長を始めとし、道場内の皆さんに色々教えて頂き

考えた事、思った事が出来る程度にはなりました

 

2週間通い…

その間に道場生が試験に出て合格して帰って来たり

楽しいドラマもありました

 

ラスト3日間で自分なりに作品とまでは呼べませんが

作ってみました

左から「美女1」「美女2」「美女3」「美女4」です。

 

実は「廃材で立体を造ろう!」
と思い、まずは鉄の溶接だと思い親友に頼み研修を受けてました。
溶接だけではなく、鉄をガスで切ったり磨いたりと予想以上の経験をさせて頂き本当に感謝してます
清水社長、むしろ貴士!w、道場の皆さま、本当にありがとうございました!!

2016年3月の事でした

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。