2018
11.22

結婚って何だろうって思っちゃいます。

こんにちわ!若杉です。

一気に寒くなりましたね~。

うちはとうとうオイルヒーターとホットカーペットつけちゃいました。

寒くなると人は人肌恋しくなるのか空寂しい気持ちになるのか、占いのお店は恋愛相談で繁盛期に入ります。

恋愛相談は女性の永遠のテーマです。

特にこの年末に多いのが、不倫関係の相談ですね。

ほぼ毎日不倫の相談が舞い込みます。

僕は17歳の時からこの不倫の相談にのっているため、実は結婚なんてするもんじゃないなって内心思っています(笑

年末に多くなる要因は、今年も終わるのにこのままでいいのか・来年はすっきりとこの負のループから抜け出したいとかっていう表われでしょう。

日本人はこの年末年始の思考に結構左右されていますからね。

一年の計は元旦にありってね。

不倫関係の相談に来た方に、何時も決まって聞く事があります。

『奥さんから奪いたいと思ってる?』って事です。

大概の子は、家庭まで壊そうとは思ってないとか、お子さんには罪は無いから親子を引き裂きたくないとか。。。

やっぱり自分でもいけない事をしているって考えがあるのか消極的なんですよね。

自分でも済し崩しになっていてやめられない、どう終わりにしてよいかわからないって感情があるから、占い師や第3者に否定して欲しいって思って来る人が多いです。

今の恋愛を逃したら次が無いんじゃないかって思考も生まれている方が多いです。

うちのお客さんって綺麗な子が多いんですよね。全く女子に興味が無い僕が綺麗な子が多いなって思うから相当だと思います。

なのに、この親父逃したら次が無いんじゃないかって思うって。何か不倫親父に洗脳されているんでしょうか?

この家庭を壊したくないって思考の女子には大概別れる方向で話をすすめています。

罪悪感も出てて懺悔的な状態で店に来ていますからね。

確かに社会通念的には、いけない事ですもんね。

家庭があるのに誘う男も悪いし、家庭があると知っていたなら乗っかる女も悪いし。

でも中には稀に、奪いたいって子も来ます。奥さん子供も事故や火事で死んで欲しいって言ってくる子。

まぁうちは占いの店ですから、相手の感情・家庭の状況なんかを占うのですが、奪いたいってつもりがあるなら占いに来てる場合じゃないと思うんですよね。

決定事項だしそれに向かっての道筋もできてるし、やる事いっぱいあるじゃんって思います。(犯罪は良くないけどね。

どう奥さんと別れさせ自分と再婚させるか。作戦会議的に占いにくる子。

相手の感情や奥さんの感情や今後の道程は視ますけど、中には別れさせる御札や手法は無いですかって聞いてくる子もいます。

うちは呪い屋や別れさせ屋じゃ無いんだなぁ。世の中にはそういう暗部を生業にしてる術者もいるからそういう所に行って欲しいです。

日本には終戦辺りまで行われていた伝統的な惚れ薬があるよって教えるんですよね。

惚れこんで離れなくなるよって!

交尾期に入った雄雌のイモリを黒焼きにして粉末にして相手の服に縫い付けるか髪の毛に撫でつけるかしてみたらって。

最近イモリなんて一切見ないけど。この惚れ薬のルーツを探ると中国の秦の始皇帝の時代まで遡ります。

まぁ逆にこれを実行に移したら、すげー応援したくなりますけどね(笑

日本には昔からこの不倫の呪術やまじないの類はありますが、今も昔も変わらない物事なんですね。

今晩も悶々とした不倫女子が来るんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

Mori Labolasu

霊媒師、占い師。
幼少期から霊的な者との繋がりを感じ、17歳頃から依頼を受けてお祓い等を始める。

今年この道30年。
現在は、20名以上の占い師を抱える LaboLasu(新栄の占いバー)・LaboLasu cafe(尾張旭市の占いカフェ)を経営。
テレビ、ラジオ、雑誌にも多数出演。コラム上では所属占い師による占いも掲載します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。