2018
10.10

知的障がい者によるプロの和太鼓集団「瑞宝 太鼓 zuiho-taiko」その曲の覚え方に脱帽!

「ドンドコドンドンドンドンドンドン…
 カンカンカンカンカンカンカンカンカン
   良かった良かった良かった良かった
ドンドコドンドンドンドンドンドン…
 カンカンカンカンカンカンカンカンカン
   良かった良かった…」
知的障がい者によるプロの和太鼓集団
瑞宝 太鼓 zuiho-taiko
ご縁あって先日のイベントに関わらせて頂いた
前情報もあり興味津々でした
そして本番の昨日
彼等の演奏が始まった…
世界中で活躍してるだけの事はあって
迫力満点!!
その中で
彼等のスピーチが始まる…
「自分達は物を覚えるのが苦手です
曲も譜面等では覚えられないので…」
と語り出す
読んでくれてる方、本当にすみません
その時の方が、その練習方法を何と呼んでたのか聞き取れませんでした…
ですが
要するに、みんなで口に出して歌うんです
あー…
伝わらんよね
ごめんなさい
でも
ステージに5人が座り込んで
太鼓をたたく様な仕草をしながら
「ドンドコドンドンドンドンドンドン…
 カンカンカンカンカンカンカンカンカン
   良かった良かった良かった良かった
ドンドコドンドンドンドンドンドン…
 カンカンカンカンカンカンカンカンカン
   良かった良かった…」
ってやるんですw
最初は「凄い!」と思っていたけど
永遠続くもんだから途中から笑えてくるんですよねw
「良かった良かった!」ってのがw
そして次に
太鼓の前に行き
「はっ!」
ドンドコドンドンドンドンドンドン…
 カンカンカンカンカンカンカンカンカン
………………………………
本当にさっき口から出てた様に聞こえて来るんです
太鼓の音色が
良かった良かった良かった良かった
って
不思議な体験だったけど
とても素敵な体験でした。
昨日も書いたけど、僕も障がいを持っている人(子供とその親御さん)と関わっているが
こういう将来の提案をしてみたり
活躍しまくっている彼等の話を今後はしていこうと思いました。
本当に素晴らしかった!!

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

けみ 芥見

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。  またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円を障がい児の家族に奨学金として送金。様々なメディアに取り上げられ、翌年よりDACの全国展開に挑戦中。

2018年、鎧兜を伝統文化と強烈なパッションを50:50で仕上げる「SHOGUNプロジェクト」を開始。100体作り世界各地にバラまく予定らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。